ドローンの活用事例・業務系12分野:点検と農薬散布がけん引

ドローンの万能ぶりを見る

追加申請が料金ゼロ!
月額11,000円

一ほ初回の包括申請も含みます・相談自由のプチ顧問です。
1年間、不安なまま飛ばしますか?

お得な年間サポートパックです。→こちら

 

事例1:インフラ点検業務

なんといってもドローンが変えたのがインフラ設備の「点検」の世界です。今後のドローンの活用が期待される一大産業はこのインフラ設備の点検業務と言えます。

日本の高度経済成長の中で建築された橋梁、道路、トンネルなど巨大インフラ設備は半世紀以上経過し、定期的な点検とメンテナンスが必要になってきているからです。

現場点検業者も少なく人手不足の中で、その膨大な業務をドローンによってより素早くより正確な点検が実現するよう期待されているのです。インフラ点検は間違いなく日本のドローン産業をけん引していく分野と言えます。

事例2:太陽光ソーラーパネルの点検業務

インフラと同じような点検の分野では、広大な面積であり人による業務が困難なソーラーパネルの点検にドローンが有効活用できます。赤外線カメラも搭載できるのでソーラーパネルのホットスポットの発見が出来る利点があります。飛行カメラと両方のカメラでの撮影により、より広い範囲でより細かいレベルの点検が実現します。

事例3:屋根建物の点検業務

近年日本でも被害の多い風水害。実際に台風などで破損した場合、火災保険の適用で修理する場合があります。そんな時いちいち足場を組んで点検するとそれだけで膨大な費用がかかってしまいますがドローンの活用で一瞬で点検を行うことができています。

事例4:測量業務

今まで地上で観測していた測量業務もドローンを活用することで迅速に正確に行えるようになりました。通常数日かかっていた測量業務もたった一日、ドローンを飛ばすことでデータの検出までできるので非常に効率的です。

事例5:農薬散布

農薬散布もドローン活用による効率化に期待が寄せられています。これからはITを駆使したスマート農業の分野そのものも一大産業になっていくでしょう。その中でも農薬散布はドローンの活用が期待されています。ドローンを使うことによって人が直接散布するよりも効率がよく健康被害のない農薬散布が行えるからです。

ドローンを活用したスマート農業は農薬散布だけではありません。ドローンで農地を定期的に観測することで植物の病気がどこから発生したのか生育状況にムラがないかなど、今まで見えなかった部分を見つけることができるからです。農業の世界に定量的なデータとしてノウハウを蓄積していくことで今まで以上に効率的に農業ができると期待されおり、。ドローンや IT が加わることで新しい農業を開いていくことができます。

事例6:大規模災害時における被災地の状況確認

大規模災害時には道路が寸断されたり土砂災害などで被害状況が容易に確認できないケースが出てきます。そのような時にドローンの活用が期待されています。

火災現場をドローンで確認することで適切な火災戦術の見直しにもなりますし、何処が火災の出火店になっているのかどこを集中的に放水すべきかを把握するのにドローンが役立ちます。

事例7:空撮用ドローンを活用した海難救助

海難救助において遭難した要救助者の位置をいち早く特定することはとは重要です。知床でおきた事故でも早く救助が行われていたら…と思うと残念でなりません。

ドローンは準備段階からの機動性や撮影性能に優れているため検索活動においても活躍が期待されています。今後更に広い大海原で素早く人を認識できるような機能も追加されればより有効に活用でき、海難救助の決定打となっていくでしょう。

事例8:宅配

ドローンには物資を積載して輸送することもできます。アメリカではアマゾンが既にドローン輸送を実現させていますが、日本では楽天などをはじめとした企業が検証している最中です。2022年、レベル4飛行の法整備がいよいよ整います。ネットで注文した商品がドローンで届く日はもうそこまできています。

事例9:医薬品・物資の搬送

日本での都市部でのドローンの配送業務は法整備も含め目の前まできていますが、先んじて少し離れた離島などへコンパクトな医薬品や物資をドローンで届けることは比較的可能そうです。すでに取り組み始めている企業や地方もあります。

事例10:ドローンによる警備業務

ドローンを使って防犯警備による活用も期待されています。セコムでは時計による4 g の通信規格を利用して複数のドローンで巡回警備するシステムのテスト中ですが、完成すれば人ではできない漏れのない24時間警備が可能となります。

事例11:ドローンを活用した獣害対策

獣害による被害が非常に深刻な地方がたくさんあります。ドローンを活用してイノシシなどの生息地域を調べる活用方法や特殊な音波で害獣を追い払うなど被害が出ないようにできないかさまざまな取り組みが開始されています。

事例12:水中ドローンを活用した海底検索

海は未開拓の部分がとても多い。水中を潜れる水中ドローンを使って人が簡単に行けない水中にアプローチすることで、美しい海用写真の撮影・海底探求・水難救助活動・船舶の点検・泳げない方たちのアクティビティなどさまざまな分野での活用が期待されています。

ドローンの活躍する分野は空中だけに限らないのです。

 

まとめ

活用事例を見てきましたが、これほど多岐にわたり有益で有望な産業の登場はそうそうないでしょう。

様々な産業分野や私たちの暮らしの在り方をガラッと変えるドローンはまさに「空の産業革命」です。

法律や飛行ルールを守って官と民とでドローン産業の健全な発展を実現しましょう。

 

行政書士矢野法務事務所は東京都八王子の事務所です。北海道の案件も九州の申請もお受けしている全国型の事務所です。
ドローン法務に詳しい当事務所にご依頼頂き、手間の要らない確実なドローンの飛行許可申請を行いましょう。

ご相談は下記の無料相談予約フォームからご連絡ください。

【免責事項】
○当サイトのコンテンツや情報において可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、 誤情報が入り込んだり古くなったりすることもあり必ずしもその内容の正確性および完全性を保証するものではございません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害について、一切責任を負うものではございませんのであらかじめご了承ください。
○当サイトから移動された先のホームページは、当サイトが管理、運営するものではございません。移動先サイトで提供される情報の真偽、サービス等につきましても一切の責任も負いませんのでご了承ください。なお、予告なしに内容が変更または廃止される場合がございます。