入林届が不要となる国有林のドローン飛行(入林届書き方)

国有林で飛ばすドローンを規制する法律と手続き

今後、ドローンを使って雄大な自然の風景を撮影したり、過疎地への荷配送等で山間部を飛行する等

国有林内や隣接空域で飛ばす機会は益々増えていくと思われます。

ドローンを国有林野内で飛行させる場合は、通常の飛行許可承認手続き(航空法に基づく国土交通大臣の許可・承認)に加えて

原則国有林管理者に「入林届」を提出する必要があります。このページでは基本的な法律の中身と最低限の手続きを解説します。

追加申請が料金ゼロ!
月額11,000円

一ほ初回の包括申請も含みます・相談自由のプチ顧問です。
1年間、不安なまま飛ばしますか?

お得な年間サポートパックです。→こちら

 

 

 

国有林とは?

国有林とは「森林法」に次のような定義が定められています。

国有林の定義( 森林法2条3項)

〇国が森林所有者である森林

〇国有林野の管理経営に関する法律第10条第1号に規定する分収林である森林

〇民有林とは国有林以外の森林

 ※分収林:国以外の者に造林させ国及び造林者が収益を分収する国有林

平たく言えば国が所有する森林・原野のことで、国民共通の財産となっています。

従って、その財産保全についての支障のない管理を行わなければならず勝手な入林行為は許されていません。

入林届は必須

そこで入林を希望する者に対しては「入林届」という手続きを求め、その入林行為に安全や環境保全面での問題がある場合には入林制限がなされることとなっています。

この「入林届」のルールは割と厳しく運用されており、次の場合でも必要とされています。

〇ドローンを飛行させる者が国有林野内に立ち入らず国有林野内で飛行させる場合

〇国有林野の借受者が国有林野内で飛行させる場合

入林届不要の場合

ただし、次の場合だけは「入林届」不要となっています。 

レベル3飛行によって、ドローン物流事業を計画する者がドローンを飛行させる場合は「操縦者等が国有林野に入らずに国有林野上空をドローンが通過するというだけ」の場合

※飛行レベル3とは
「無人地帯での目視外飛行(補助者の配置なし)」で、住民や歩行者らがいないエリアにおいて目の届かない範囲まで飛行する形態。離島や山間部への荷物配送、被災状況の調査、行方不明者の捜索、長大なインフラの点検、河川測量などがこれに該当。

ガイドラインVer.2.0

入林届の要不要についてなかなか分かりにくい部分もあるので、当面はこれらのルールをまとめた指針である「ドローンを活用した荷物等配送に関するガイドラインVer.2.0」の中で示されている内容をそのまま守って飛ばせば大丈夫です。
ドローンを活用した荷物等配送に関するガイドラインVer.2.0
2.4 国有林野の管理経営に関する法律
〇国有林野の管理経営に関する法律に基づき、国有林野管理規程において、国有林野の適切な管理又は国有林野へ入林する者の安全の確保を図るために必要があると認めるときは、森林管理局長は国有林野への入林に関する規則を定めることができるとされている。
〇国有林野に入林する際には、各森林管理局長が定める国有林野管理規程細則に基づき入林届の提出を求められる場合がある。
〇ドローンを飛行させる際は操縦者等が国有林野に入ることなく単に国有林野上空をドローンが通過するという場合であれば入林届の提出は不要。他方、操縦者等が国有林野に立ち入る場合、他の行為と同様に入林届の提出が求められる場合がある。
〇なお、国有林野内では、その上空を利用した事業が行われている場合もあることから、国有林野の上空を飛行するに当たっては、その飛行経路において障害物等が存在しないかを確認し、国有林野内での事業との調整が必要となる場合には、所管の森林管理署、同支署、森林管理事務所と適切な調整を行うこと。
〇また、ドローンが事故等により国有林野内で墜落又は消失した場合、機体のバッテリー等が原因となって火災等が発生する恐れがあることから、当該事案が発生した場合には、警察、消防等への連絡に加え、所管の森林管理署等への連絡を確実に行うこと。所管の森林管理署等の連絡先については、林野庁のホームページ等で確認すること。

ドローンを活用した荷物等配送に関するガイドラインVer.2.0

ただ、このガイドラインも「~場合がある」というあいまいな箇所もあるので、やはり入林予定の国有林の管理者に個別に確認した方が良いでしょう。

国有林の調べ方

国有林は「地理院地図」でまず把握できます。

詳細な位置関係まで調べたい場合は、「国有林野施業実施計画図」(各森林管理局HP掲載)で確認できます。

地理院地図

入林届と提出先

国有林への入林にあたっては、事前(おおむね1週間前)に入林届を提出することが求められます

提出先

入林届は入林予定国有林を管轄する森林管理署・森林管理支署への提出となります。

提出方法等は事前に提出先にご確認ください。

 ※提出期限は概ね1週間前とされています。

届け出の様式

行政書士矢野法務事務所は東京都八王子の事務所です。北海道の案件も九州の申請もお受けしている全国型の事務所です。
ドローン法務に詳しい当事務所にご依頼頂き、手間の要らない確実なドローンの飛行許可申請を行いましょう。

ご相談は下記の無料相談予約フォームからご連絡ください。

 

【免責事項】
○当サイトのコンテンツや情報において可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、 誤情報が入り込んだり古くなったりすることもあり必ずしもその内容の正確性および完全性を保証するものではございません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害について、一切責任を負うものではございませんのであらかじめご了承ください。
○当サイトから移動された先のホームページは、当サイトが管理、運営するものではございません。移動先サイトで提供される情報の真偽、サービス等につきましても一切の責任も負いませんのでご了承ください。なお、予告なしに内容が変更または廃止される場合がございます。