【三重県の国立公園ドローン規制】伊勢志摩国立公園

伊勢志摩国立公園ドローン規制(三重県)

出典:環境省ホームページ

国立公園には、ドローンに関する規制が設けられており

国交省の飛行許可があっても或いは飛行許可が不要な空域であっても

施設管理者の許可が必要です

追加申請が料金ゼロ!
月額11,000円

一ほ初回の包括申請も含みます・相談自由のプチ顧問です。
1年間、不安なまま飛ばしますか?

お得な年間サポートパックです。→こちら

 

公園地図

伊勢志摩国立公園地図

伊勢神宮のみが規制

かつて2016年の伊勢志摩サミットで期限付きのドローン規制条例が制定された当公園ですが、現在は特段のドローン規制はない国立公園です。

ただし、伊勢神宮では個別にドローン飛行を禁止しています。

小型無人航空機(ドローン等)の利用禁止について

神宮司庁の特別な許可を得た場合を除き、神域の尊厳護持・参拝者への安全の観点から小型無人飛行機等(ドローン等)の持ち込み・操縦・飛行等の行為を固くお断りします。

ご理解とご協力をお願いします。

共通規制を順守する

当公園の風光明媚な海岸線でドローンを飛行させ空撮したい場合も多くあると思われます。

海岸や海上でのドローン飛行には、相応の規制がありますので、それを押さえて飛ばしてください。

ドローンを海で飛ばす際の規制と場所で変わる飛行許可手続き

また、国立公園としての基本的な遵守事項は他の公園と共通しています。

以下を参考にしながら当公園でのドローン飛行でも周囲の害にならないよう行ってください。

上信越高原国立公園、妙高戸隠連山国立公園、中部山岳国立公園
国立公園内におけるドローンの使用について【注意喚起】

9割が私有地

日本の国立公園の面積の約60%が国有地であるのに対し、伊勢志摩国立公園では90%以上が私有地です。

土地の所有者の許可を得なければドローンは飛ばせないので、飛行場所等のプランが決まった時点で速やかに所有者に申し入れる等して、トラブルとならないよう注意してください。

管理事務所への連絡

まずは、国立公園での必須ルールである「管理事務所への連絡」から始めて、その際に当公園でドローンを飛ばす際の手続き等を確認すると良いでしょう。

伊勢志摩国立公園を管理している伊勢志摩国立公園管理事務所に連絡先してください。

伊勢志摩国立公園管理事務所

伊勢志摩国立公園管理事務所
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方3098-26
Tel: 0599-43-2210
Fax: 0599-43-2373

連絡・相談先

中部地方環境事務所
〒460-0001
愛知県名古屋市中区三の丸2-5-2
Tel: 052-955-2130
Fax: 052-951-8889

http://chubu.env.go.jp/

伊勢志摩国立公園管理事務所
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方3098-26
Tel: 0599-43-2210
Fax: 0599-43-2373

 

三重県ドローンが飛ばせる場所:規制確認方法と包括申請方法

行政書士矢野法務事務所は東京都八王子の事務所です。北海道や九州の案件もお受けしている全国型の事務所です。
ドローン法務に詳しい当事務所にご依頼頂き、手間の要らない確実なドローンの飛行許可申請を行いましょう。

ご相談は下記の無料相談予約フォームからご連絡ください。

 

【免責事項】
○当サイトのコンテンツや情報において可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、 誤情報が入り込んだり古くなったりすることもあり必ずしもその内容の正確性および完全性を保証するものではございません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害について、一切責任を負うものではございませんのであらかじめご了承ください。
○当サイトから移動された先のホームページは、当サイトが管理、運営するものではございません。移動先サイトで提供される情報の真偽、サービス等につきましても一切の責任も負いませんのでご了承ください。なお、予告なしに内容が変更または廃止される場合がございます。