ドローンを「空飛ぶカメラ」として活用する産業界の事例紹介

ドローンの豊富な使いみち

ドローンは「空の産業革命」と言われています。

今は世界中で主に空撮手段として使われていますが、アメリカではアマゾンが配送手段に使いはじめました。

日本でもいよいよレベル4飛行の法制化を目前に大手企業が配送のテスト飛行を行うなど

近い将来は輸送手段・物流の方法としての活躍も期待され始めています。

また、災害時の救助や捜索にも使われるなど官民を問わず次から次へとあらゆるシーンの変革を招いています。

では、どんな分野でどのように活用されているのでしょうか。代表的なものを見ていきましょう。

追加申請が料金ゼロ!
月額11,000円

一ほ初回の包括申請も含みます・相談自由のプチ顧問です。
1年間、不安なまま飛ばしますか?

お得な年間サポートパックです。→こちら

 

空撮

一つ目は、何はともあれ空撮です。これが一番スタンダードな使用方法となっていますが、ドローンが出現するまでは、空からの撮影というものはとても大変なことでした。

操縦士の飛ばすセスナやヘリコプターにカメラマンが搭乗し何百万円もかかるような撮影方法でしたが、ドローンによって普段見ることのできないような鳥の目線で動画や写真を手に入れることができるようになりました。

その結果、以前とは格段に質の高い映像・画像を残すことができる為、ドラマ、映画、cm、ニュース、PR動画等、撮影と言われる撮影の殆んどにドローンが活用されて空撮の需要はかなり広がってきています。

調査・点検

次は調査点検です。例えばマンションやホテル、ビルなどの高層の建物は、10年に1回の点検が義務化されています。

また、中央道トンネルの落盤事故の教訓からトンネルは5年に一度の点検義務が定められています。

ドローンが出現する以前は建物が高いせいでわざわざ足場を組んだり、ロープでゴンドラを下げたりなどして調査点検は大変な仕事でした。

そこを今では、赤外線を積んだドローンを飛ばして写真を撮っていくことで、普通のカメラの映像と赤外線カメラの映像とを使うことで、人手をかけずに異常がある箇所を割り出すことができるようになりました。

この需要は今飛躍的に高くなっています。

何よりロープやゴンドラでの点検と比べて、格段に危険が少なくなることが最大のメリットと言えます。

また、家屋の屋根が劣化や台風被害などで壊れてしまった時に、今までは屋根に登るか長い棒を使って屋根の上を撮影していましたが、ドローンを使うことによって、しばらくの間リアルタイムで見ることができるので、これも需要が高まってきているジャンルとなっています。

農薬散布

三つ目は農薬散布です。

農業の世界でも、現在高齢化に伴って「AI」をからめたスマート農業を取り入れる動きが盛んになってきています。

その一つとしてドローンでの農薬散布が年々活発化してきています。

今までも、無人航空機のジャンルであるラジコンヘリコプターで農薬散布が行われていましたが、ラジコンヘリでは価格がすごく高く、機体が大きく安定感がなくて危険なところがありました。

また騒音の問題もあり、死亡事故も起きたりしていました。

その点、ドローンはラジコンヘリに比べると機体は小型になり安定感もあって且つ価格が安いとことから、農薬散布機として使われるケースが増えてきています。

薬剤散布の方法も進化しており例えばスピードに応じて散布量が増えたり減ったり自動航法で飛行させたりして操縦も楽になってきているため、農家も自分でドローンを所有して散布ができるようになってきています。

測量

測量とは機械を使って土地の地表を測定して広さなどをデータ化することです。

土地の開発など土地上に建物を作るために、土地の形状や広さを把握しておく必要があります。

これをこれまでは三脚カメラをのぞきながらで測量していたのですが、広大な土地の場合には非常に時間がかかってしまい、また山奥の測量では人が山の奥深くに入って行かなければならず危険でもありました。

そこをドローンを使うことで劇的に時間が短縮でき、危険な場所もドローンにより上から撮影することができるようになった為、測量の分野が最も需要が高くなってきています。

もはや「空飛ぶカメラ」

他には、救助、捜索といった災害時の活用も確実に増えてきています。

災害時では赤外線カメラを使って人の所在を探したり、土砂崩れにおいても人が立ち入れない場所にはドローンが見に行って現場の状況を把握したりしています。

水難救助も上から浮き輪を落とし人を助けます。溺れている人がいないかどうかを見回る監視の役目も担うことができ、難航を極める捜索の現場での使われています。

ドローンの活躍する舞台は、機体の進化と表裏一体です。ドローンの有望性に着目し、あらゆる分野に特化したドローン開発が進んでいます。

人の手が届かない場所でも簡単に塗装ができるドローン、消防士が赤外線カメラで火元を見れるドローン、軽量化したホースをつけて上から消火用の粉を落として消火活動ができるドローン…。

今、様々なドローンが開発されています。

これらのものがどんどん活用されていけば、もっともっとドローンのビジネスシーンでの活用は増えていき、間違いなく一大産業に育っていくのではないでしょうか。

 ドローンは、建設工事・物流・警備・農業・人命救助・ドローンレースなどたくさんの活用事例があります。

事業や業務の手助けをしてくれたり人命を救ったりと、その用途はとても広範囲です。

特に人間の眼の代わりとする使われ方を見るにつけ、「空飛ぶカメラ」と言えるのではないでしょうか。

 

行政書士矢野法務事務所は東京都八王子の事務所です。北海道の案件も九州の申請もお受けしている全国型の事務所です。
ドローン法務に詳しい当事務所にご依頼頂き、手間の要らない確実なドローンの飛行許可申請を行いましょう。

ご相談は下記の無料相談予約フォームからご連絡ください。

【免責事項】
○当サイトのコンテンツや情報において可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、 誤情報が入り込んだり古くなったりすることもあり必ずしもその内容の正確性および完全性を保証するものではございません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害について、一切責任を負うものではございませんのであらかじめご了承ください。
○当サイトから移動された先のホームページは、当サイトが管理、運営するものではございません。移動先サイトで提供される情報の真偽、サービス等につきましても一切の責任も負いませんのでご了承ください。なお、予告なしに内容が変更または廃止される場合がございます。