【北海道の国立公園ドローン規制】利尻礼文サロベツ国立公園

利尻礼文サロベツ国立公園ドローン規制(北海道)

出典:環境省ホームページ

国立公園には、ドローンに関する規制が設けられており

国交省の飛行許可があっても或いは飛行許可が不要な空域であっても

施設管理者の許可が必要です

追加申請が料金ゼロ!
月額11,000円

一ほ初回の包括申請も含みます・相談自由のプチ顧問です。
1年間、不安なまま飛ばしますか?

お得な年間サポートパックです。→こちら

 

北海道庁より

道庁ホームページ

国立公園利用者の安全確保や自然環境保全の観点から、国立公園内でドローンを飛行させる際の注意事項です。

無人航空機(ドローン)の使用について

国定公園及び道立自然公園におけるドローンの使用について

北海道庁:ドローンの飛行ルールと各種手続きについて

公園地図

利尻礼文サロベツ国立公園地図

規制事項

礼文島

礼文島では「礼文島内における無人飛行機(ドローン・ラジコン等)飛行ルール」として、かなり具体的に「禁止事項」が出されています。

国交省から包括申請での飛行許可を得ていても、礼文島の自治体が規制を決めている以上、違反することはできません。

礼文島の規制
●礼文空港周辺や陸上自衛隊礼文分屯地、民家上空での飛行の禁止
●飛行可能高度は上空 150m未満
●目視の範囲内での飛行操作
●道路からの離着陸は禁止
●夜間の飛行は禁止
●飛行の際には第三者(人、物)から 30m以上の距離を確保
●距離に関係なく人が多い場所での飛行は禁止(国立公園の利用者に著しい迷惑をかける場合は自然公園法違反の可能性
国立公園の歩道外や危険な場所への立ち入りは禁止。ドローンが歩道外に落下した場合は、回収せず役場産業課まで要連絡。
●植生が荒廃する恐れがあるため、原則として国立公園区域内への立ち入りは禁止

飛行禁止されている空港周辺空域(緑色)と陸上自衛隊礼文分屯地です

以上が、この礼文島での規制です。

もしもこれらに抵触する恐れや特別に許可を得たい場合は、地元の役場と調整する必要があります。

それでもダメな場合は断念するしかありません。

因みに、この規制は「礼文島いきものつながりプロジェクト推進協議会」が定めたもので、礼文町の「環境省稚内自然保護官事務所・林野庁宗谷森林管理署・宗谷総合振興局・礼文町教育委員会」によって組織された島挙げての協議会です。

安易に例外を認めることはできないはずですので、先方の調整時間等も考慮しながら、入念な準備と相応の時間をとって事前申請するする必要があるでしょう。

礼文島内における無人飛行機(ドローン・ラジコン等)飛行ルール

サロベツ湿原

湿原へとのびる一周1kmの「木道」はバリアフリー対応のため、車椅子やベビーカーでも安心して利用でき、途中にテラスやベンチが設置されているので、心ゆくまで広大な景色や可憐な花々を楽しむことができます。木道は24時間利用可能です。

この木道でドローンを飛ばすことは禁じられています。

Q.木道でドローン等を飛ばすことは可能ですか?

⇒A.いいえ。木道周辺には小鳥などの野生生物が多く生息しますので、野生生物保護の観点から、私的な用途におけるドローンの利用はご遠慮いただいております。

【問い合わせ先】
サロベツ湿原センター
〒098-4100
北海道天塩郡豊富町上サロベツ8662番地

TEL 0162-82-3232 FAX 0162-82-1009
【 5月〜10月 】9:00~17:00 (休館日/なし)
【 11月〜4月 】10:00~16:00 (休館日/月曜・12/29-1/3)
※月曜が祝日の場合は開館、火曜に振替休館

利尻島

利尻島には利尻空港があり、航空法に則って「空港周辺」空域はドローン飛行が禁止されています。

空港周辺空域(緑色)

利尻空港周辺でドローンを飛ばしたい場合は、下記空港事務所との調整を行う必要があります。

【問い合わせ先】
利尻空港管理事務所(担当:施設係)
TEL 0163-82-1269
 FAX 0163-82-1414

利尻富士町役場「空港制限区域」のお知らせ

乗入れ規制

道内の国立公園に共通して「自動車」や「スノーモービル」等の乗入れ規制が定められています。

ドローンの運搬やロケハンに際して、この点は要注意です。

利尻礼文サロベツ国立公園

船泊・環境省所管地上空を飛行する場合

●船泊並びに「鉄府(てっぷ)の環境省所管地上空」の飛行を計画する場合は、環境省稚内自然保護官事務所まで飛行計画を要連絡

●【問い合わせ先】
礼文町役場 産業課 環境省稚内自然保護官事務所
〒097-8527
礼文郡礼文町大字香深村字トンナイ 558-5 稚内市末広 5 丁目 6 番 1 号
Tel:0163-86-1001
Fax:0163-86-1515 

国有林上空を飛行する際

●国有林上空の飛行を計画する際には、北海道森林管理局 HP「国有林野内で無人航空機(ドローン、ラジコン機等)を飛行させる場合の手続」を要確認
<北海道森林管理局 HP>
「国有林野内で無人航空機(ドローン、ラジコン機等)を飛行させる場合の手続」

●宗谷森林管理署礼文森林事務所又は宗谷森林管理署に入林届を提出

●【問い合わせ先】
宗谷森林管理署 宗谷森林管理署 礼文森林事務所
 〒097-1201
稚内市港 4 丁目 6 番 6 号 礼文郡礼文町大字香深村字ヘウケトンナイ
Tel:0162-23-3617
Fax:0162-23-3615 

連絡先一覧

●礼文町役場 産業課 環境省稚内自然保護官事務所
〒097-8527
礼文郡礼文町大字香深村字トンナイ 558-5 稚内市末広 5 丁目 6 番 1 号
Tel:0163-86-1001
Fax:0163-86-1515 

●宗谷森林管理署 宗谷森林管理署 礼文森林事務所
〒097-0021 
稚内市港 4 丁目 6 番 6 号 礼文郡礼文町大字香深村字ヘウケトンナイ
Tel:0162-23-3617
Fax:0162-23-3615

●北海道地方環境事務所
〒060-0808
札幌市北区北8条西2丁目 札幌第一合同庁舎3F
TEL:011-299-1950
FAX:011-736-1234
REO-HOKKAIDO@env.go.jp

サロベツ湿原センター
〒098-4100
北海道天塩郡豊富町上サロベツ8662番地

TEL 0162-82-3232
FAX 0162-82-1009

●礼文空港
北海道礼文空港管理事務所
TEL:0163-87-2005

●利尻空港
北海道利尻空港管理事務所
TEL:0163-82-1269

●陸上自衛隊名寄駐屯地礼文駐屯地
→旭川方面稚内警察署

 

参考記事
北海道ドローンが飛ばせる場所:規制確認方法と包括申請方法

行政書士矢野法務事務所は東京都八王子の事務所です。北海道や九州の案件もお受けしている全国型の事務所です。
ドローン法務に詳しい当事務所にご依頼頂き、手間の要らない確実なドローンの飛行許可申請を行いましょう。

ご相談は下記の無料相談予約フォームからご連絡ください。

 

【免責事項】
○当サイトのコンテンツや情報において可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、 誤情報が入り込んだり古くなったりすることもあり必ずしもその内容の正確性および完全性を保証するものではございません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害について、一切責任を負うものではございませんのであらかじめご了承ください。
○当サイトから移動された先のホームページは、当サイトが管理、運営するものではございません。移動先サイトで提供される情報の真偽、サービス等につきましても一切の責任も負いませんのでご了承ください。なお、予告なしに内容が変更または廃止される場合がございます。