東京の「港」でドローンを飛ばす手続き:飛行許可の矢野事務所

ドローンを港で飛ばす手続き

 

港はドローンの空撮にとって魅力ある「ドローンフォトジェニック」な場所。

港自体の風景の魅力や波止場の風情にはどこか特別なものがあります。

また、それだけでなく、みなと祭りなどの季節のイベントを初め

大型クルーズ船の入港や大漁旗の漁船団出入港シーン等、上空からの記念空撮も貴重な映像として残ります。

港のスポット画像がネットで多く販売されているのも港の画像需要が旺盛だからと言えます。

ただ、港でドローンを飛ばすためには港湾管理者の許可が必要となり、国交省の飛行許可だけでは飛ばせないことに要注意です。

関連記事:ドローンを海で飛ばす際の規制と場所で変わる飛行許可手続き

 

追加申請が料金ゼロ!
月額11,000円

一ほ初回の包括申請も含みます・相談自由のプチ顧問です。
1年間、不安なまま飛ばしますか?

お得な年間サポートパックです。→こちら

 

返済不要の助成金でドローン関連費用をまかないたい方はこちらへ

 

では、東京都の港での手続きはどうなっているのでしょうか。

港ごとに違う規制や手続き

まずは国交省の飛行許可が必要かどうか

港で飛ばす際に、その飛行空域や飛行方法が航空法の規制に該当していたら、まずは国交省の飛行許可承認を取得する必要があります。

その基準等については次の記事でご確認ください。

ドローン飛行許可承認申請の条件等その全体像を解説  

港毎に異なる規制や手続きの方法

連絡先はお役所

詳しくは、下の関連記事を確認して頂ければわかりますが、港の利用はいくつかの法律で規制されておりドローンもその例外ではありません。

関連記事:ドローンを海で飛ばす際の規制と場所で変わる飛行許可手続き

ドローンを飛ばす空域が港湾区域といわれる水域や港湾施設として扱われる場所に該当したり隣接したりする場合は、港湾管理者の許可が必要となります。

港湾管理者と都道府県や市町村又は港湾局と呼ばれるお役所のことです。

このお役所がドローン飛行許可の届け出先となります。

港ごとの規制内容や手続きはそれぞれのお役所が定めることになっていて全国で統一されたものはないので、内容や手続きの方法は個別に確認することになります。

ドローンが初めての港も

飛ばしたい港にある港湾事務所等は比較的調べやすく連絡も取りやすいと思います。

また、そこがドローン空撮の申請が多い港の場合には、対応はスムーズでしょう。

一方で、逆に一度もドローン飛行の問い合わせすら受けたことのない、地方のマイナーな港もあります。

申請の書類もないところもあるかもしれません。

そんな港の場合、港の事務所に直接連絡した場合には、やりとりに手間取るでしょう。

港の「管理者」を押さえておく

港の事務所で全て解決すればそれで良いですが、むしろ飛行許可の決裁者である「港湾管理者」の方が様々な情報があつまり、いろいろなケースを熟知しているので、はじめから連絡しておけば安心です。

しかし、どこの市町村や都道府県がその港の管理者となっているかだとか、その所在地や連絡先等はなかなか判るものではありません。

そこで、以下に港ごとの管理者の連絡先を掲載しました。

事前連絡を行い、飛ばせるかどうか、飛ばすための「正式な手続き」はどういったものかを確認して指示を仰いでください。

東京港の手続き

東京都の港湾施設でのドローン利用はその条件や手続きが規定で定められています。

既定の概要

まず飛行が承認される条件については次のようになっています。
①国土交通大臣が発行する「許可・承認書等」を有していること。ただし、国土交通大臣の承認を要する飛行方法(夜間飛行、目視外飛行等)は認められない。
②港湾法、港湾管理条例の規定に抵触するものではないこと

そして、下のような「利用申出書」を作成し添付処理も用意した上で提出しなければなりません。

その上で港湾の関係各所の同意の下で始めて承認されます。

承認の条件や港湾利用の規定の詳細については下の公式文書をしっかり読んで把握してください。
東京港の港湾施設における無人航空機利用の取扱いについて

公共ふ頭における撮影について(PDF形式:224KB)

東京港の管理は大きな組織で行われているので、たらい回し等にならないように、まず初めに担当セクションである東京港管理事務所に連絡・相談し、正確な手続きの手順を押しえてもらう方が良いでしょう。

事前の相談がポイントです。

相談先
東京港管理事務所
〒108-0075
港区港南3-9-56
TEL:03-5463-0220

臨界の海上公園での撮影

 

東京湾の臨界エリアには多くの「海上公園」が存在し、ここからのドローン空撮は誰もがプランすることと思います。

これらの公園での撮影に関しては東京都港湾局への申請手続きが必要です。

以下に公園毎の連絡先を掲載しますので、ドローン飛行のプランがある場合は必ず連絡して指示を仰ぐようにしてください。

お台場海浜公園管理事務所

お台場海浜公園管理事務所
〒135-0091
港区台場1-4
・撮影:03-5500-2455
・他 :03-5531-0852

○対象公園
お台場海浜公園・
青海北ふ頭公園・青海中央ふ頭公園・青海南ふ頭公園・青海緑道公園・暁ふ頭公園・有明北緑道公園・有明親水海浜公園・有明西ふ頭公園・シンボルプロムナード公園・東八潮緑道公園・水の広場公園

大井スポーツセンター
大井スポーツセンター
〒140-0003
品川区八潮4-1
TEL: 03-3790-2378

○対象公園
大井ふ頭緑道公園・大井ふ頭中央海浜公園・京浜運河緑道公園 ・京浜島つばさ公園・京浜島ふ頭公園・京浜島緑道公園・コンテナふ頭公園・品川北ふ頭公園・芝浦南ふ頭公園・城南島ふ頭公園 ・城南島緑道公園・東海ふ頭公園 ・東海緑道公園・みなとが丘ふ頭公園
辰巳の森海浜公園管理事務所
辰巳の森海浜公園管理事務所
〒135-0053
江東区辰巳2-1
TEL:03-5569-8672
○対象公園
新木場公園・新木場緑道公園・辰巳の森海浜公園・辰巳の森緑道公園・春海橋公園・晴海ふ頭公園・夢の島緑道公園
その他

○葛西海浜公園 :葛西海浜公園管理事務所03-5696-4741

○城南島海浜公園 ・城南島海浜公園管理事務所03-3799-6402

○東京港野鳥公園:東京港野鳥公園管理事務所03-3799-5031

○若洲海浜公園 : 若洲海浜公園各管理事務所03-3522-3225

他の主要な港と管理者

その他、離島等に点在する港については以下の管理者への連絡を行い指示を仰いでください。

国交省:海とみなとの相談窓口

国交省の地方整備局港湾港部と出先事務所の中には「海とみなとの相談窓口」が設置されており、様々な問合せに対応してくれています。

〇海やみなとの利用に関する相談
〇みなとの構想や計画に関する相談
〇みなとまちの活性化やウォーターフロントに関する相談
〇海やみなとでの自然再生や緑地の維持管理に関する相談
〇海での自然体験、環境学習に関する相談
〇海洋土木技術に関する相談
〇その他の海とみなとに関する相談

全国共通フリーダイヤル(0120-497-370)が受付窓口ですが、電話をかけた地点 の最寄りの窓口が対応してくれます。

港の管理者以外にも、相談先として覚えておくと良いでしょう。

行政書士矢野法務事務所は東京都八王子の事務所です。北海道や九州の案件もお受けしている全国型の事務所です。
ドローン法務に詳しい当事務所にご依頼頂き、手間の要らない確実なドローンの飛行許可申請を行いましょう。

ご相談は下記の無料相談予約フォームからご連絡ください。

 

【免責事項】
○当サイトのコンテンツや情報において可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、 誤情報が入り込んだり古くなったりすることもあり必ずしもその内容の正確性および完全性を保証するものではございません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害について、一切責任を負うものではございませんのであらかじめご了承ください。
○当サイトから移動された先のホームページは、当サイトが管理、運営するものではございません。移動先サイトで提供される情報の真偽、サービス等につきましても一切の責任も負いませんのでご了承ください。なお、予告なしに内容が変更または廃止される場合がございます。